ココナラに漫画サービスを初出品!メリットとデメリットをまとめてみた

こんにちは、きのです。

先日、初めてココナラにサービスを出品してみました。

https://coconala.com/services/440046

https://coconala.com/services/435639

(※現在、新規の受注は停止中です)

今回は実際にサービスを出品し、サービスが購入されるまでに感じたメリットとデメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

ココナラとは?

ココナラとは自分が持っている知識やスキル、経験を販売したり、他の方の知識やスキルを購入できるフリーマーケットです。

https://coconala.com/

イラストを描ける人が似顔絵を描いたり、漫画を読むのが好きな人がクライアント要望に合った漫画を紹介したり、恋愛経験豊富な人が恋愛相談に乗ったりなどそのサービス内容は多種多様。

それぞれが得意とすることに価格をつけて売買する、というシステムが話題になり利用者が増えています。

私の場合はずっと商業誌へ向けての投稿用漫画を描いてきているため、漫画が描けるというスキルを活かしてサービスを出品しました。

ココナラに出品するメリット1:500円からサービスを提供できる

ココナラに出品するサービスには最安で500円から価格を設定することができます。

500円でちょっとしたサービスを提供することはもちろん、もう少し価格を上げて本格的なサービスを提供する方もいらっしゃいます。

実際に他の方のサービスを見ていると500円であれば買う側も価格面での心理的ハードルが低くなるため、購入されやすそうな印象を受けました。

ココナラに出品するメリット2:実験的にサービスを提供できる

ココナラには多種多様なサービスが販売されており、「こんなサービスもあるの!?」というものもあります。

ここがポイントで、例えば自分の中で得意なことがあった場合に「こういうことは得意だけど、これに商品価値はあるのだろうか?」と思うことがあります。

そういった商品価値がはっきりしていない場合にも、実験としてまずは500円で出品してみることができます。

その後の売れ行きで価格を調整したり、サービスの内容を吟味して随時手を加えていけば自分のスキルがお金になることを実感できます。

ココナラに出品するメリット3:仕事の実績を作ることができる

ココナラで受注し納品したものは、もちろん仕事の実績になります。

事前にクライアントさんと相談し、依頼内容に対する成果物を仕事の実績として掲載していいか許可を取っておきましょう。

ココナラで少しずつ仕事を受注し、実績を積んで少しずつ規模を大きくしていくことも可能です!

ココナラに出品するデメリット1:手数料が高い

これがココナラへの出品ハードルを上げている気がします。

ココナラでは、サービスが売れると販売価格から手数料として25%+税、差し引かれます。

この手数料を見越して価格設定をすると購入者側にとって高く感じてしまい、購入されづらくなってしまいます。

かといって安くし過ぎると、今度は出品者が成果物を作る際の時間と金額が釣り合わず、時給換算するととんでもなく割安になるという事態が起きるんですよね…。

これを回避するには、金額に対して成果物を即座に用意できる仕組み作りが必須になります。

例えば何かのハウツーを教えるサービスを出品する場合、事前にハウツーを記載したPDFを作成しておきます。

こうすることでサービスが売れたらそのPDFを購入者へ送付するだけで済むので、販売価格が安い状態で手数料を取られても、ある程度の時給単価を維持できるのです。

しかし漫画やイラストの制作となると性質上上記のような仕組み作りが難しいため、販売価格に関わらずどうしても時給単価は下がってしまいます。

自身のHPもしくはブログ経由で直接発注してもらう方が手数料を気にせずに済むので、リピーターさんがいる場合はあえてココナラを通したやり取りをするメリットはないのかもしれません…。

ココナラに出品するデメリット2:ココナラ以外の場所でやり取りができない

ココナラでサービスが購入された後、出品者と購入者はトークルームと呼ばれる専用のチャットスペースで連絡を取ることになります。

ここで注意したいのが、ココナラを通した取引ではトークルーム以外のツールや手段を使ってやり取りをしてはいけないということ。

メールアドレスや電話番号、SkypeやLINEなど、直接の連絡先を交換して取引を行ってはいけない旨がガイドラインに記載されています。

恐らくココナラの目が届かないところでのトラブルを防ぐためだとは思いますが、相手とよりスムーズなやり取りをしようとした場合、トークルーム上でしかやり取りできないのは不便に思いました。

まとめ

ココナラに出品した際に感じたメリットとデメリットをまとめると、以下の通りです。

・500円から気軽に出品できる

・お金をもらえるレベルのサービスかどうか分からない状態でも実験的にサービスを出品できる

・仕事の実績を作ることができる

・サービスが購入された際にかかる手数料が25%+税とかなり割高

・ココナラで出品者と購入者は外部ツールを使ってやり取りができないため、専用のトークルームで全てのやり取りを完結させる必要がある

「自分が得意なことでお金を稼ぐ」ことの足がかりを作る手段として、ココナラへのサービス出品は大いに利用できると思います。

手数料の点から見ると、ココナラで提供するサービスをメインのキャッシュフローにするのは、よほど時給単価とクオリティを維持できる仕組み作りがきちんとできていて、成果物を量産できる人でないと難しそうです。

色々書きましたが、有り難くもサービスを購入してくださった方がいらっしゃり、個人的には出品して良かったなと感じています。

そちらに関しては現在絶賛製作中のため、公表できる状態になりましたらこのブログでご報告させていただきますのでよろしくお願い致します。

※2018.3.26 ココナラで受注・制作した漫画が公開されました!以下の記事で紹介しています。

こんにちは、きのです。 2018年1月、ココナラで初めて漫画のお仕事を頂きました。 先日無事に制作を終え...

以上、ココナラに関するメリット・デメリットのまとめでした!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。