表参道・ドミニクアンセルベーカリーのクッキーショット!おいしい食べ方も紹介。

こんにちは、きのです。

先日、表参道にあるドミニクアンセルベーカリーに行ってきました!

スポンサーリンク

ドミニクアンセルベーカリーとは?

ドミニクアンセルベーカリーは全米トップ・ペイスリー・シェフ10人に選ばれた経歴を持つドミニク・アンセルさんがオーナーシェフを務める、ニューヨークで有名なベーカリーです。

2015年6月には原宿・表参道に日本一号店がオープン。

ユニークなスイーツがメディアでも多数取り上げられ、国内外から訪れた人で連日行列ができています。

実際、お店へ訪れた時も様々な国の方が列を作っていて、日本ではなく海外にいるのではないかと思うぐらい異国情緒あふれる楽しい空間でした…!

ミルクとクッキーの新感覚スイーツ・クッキーショット

今回食べたのはクッキーショットというスイーツです(税込720円)。

こんな感じの箱に入っています。

箱を開けるとクッキーとフレッシュミルクがきれいに入っています。

クッキーショットはショットグラス型に焼き上げられたチョコチップクッキーに別添のフレッシュミルクを注いで食べる、見た目がとてもかわいいスイーツです。

温かいクッキーに冷たいミルクを投入!

このスイーツの注目ポイントは、クッキーを温めてからミルクを注いで食べること。

テイクアウトした際、店員さんからオーブントースターでクッキーを温めてくださいと伝えられます。

30秒ぐらいが目安とのことでしたが、事前に冷蔵庫に入れていたこともあって30秒だとあまり温かくならなかったため、少しずつ様子を見ながら温めていくのがベターです。

温めました。

ちなみに温めすぎると、今度はチョコレートが溶けてしまってミルクを注いだ時にあふれてしまうため要注意。

クッキーを温めたところで、いよいよミルクを投入していきます。

ミルクを注ぐ!

ミルク投入完了。

ここまで入れてもまだ少し容器にミルクが残ったので、食べながら少しずつ追加していきます。

拡大するとこんな感じ。

外はしっとり温かく、中はひんやり冷たい新食感!

ミルクを注いだところで、いざ実食。

クッキーを温めてから食べるので、ミルクの冷たさとのコントラストが際立って新感覚でした。

チョコチップクッキーは厚みがあって食べ応えバツグンです。

底はこんな感じ。

ここまでくるとミルクは入れられないのでクッキー単体で食べることになりますが、クッキー自体がおいしいのであっという間に食べられました。

コーティングされたチョコレートも濃厚でおいしかった…!

まとめ

ドミニクアンセルベーカリーのクッキーショットは温かいクッキーと冷たいフレッシュミルクを同時に味わえる、見た目もキュートな新感覚のスイーツでした!

この他にもドミニクアンセルベーカリーには見た目が楽しくおいしいスイーツが数多く販売されているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

こんにちは、きのです。 先日、表参道にあるドミニクアンセルベーカリーに行ってきました! ドミニクアンセルベー...

マシュマロをバーナーで炙るフローズンスモアの記事はこちらから!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。