QOLを上げる!2019年版買ってよかった家電・電化製品6選

こんにちは、きの(@kinomegumi21)です。

毎年恒例、1年の間に買ってよかったものを紹介するコーナー!

フリーランス 仕事 QOL 上げる 上がる

2019年に買ったものの中から特に「買って良かった」「QOLが上がった」と思うオススメの日用雑貨を4つご紹介します。

※QOL=クオリティオブライフ(Quality of Life)の略。生活の質と訳されることが多いキーワードです。

2019年版・買って良かった日用雑貨編はこちらからどうぞ!

こんにちは、きの(@kinomegumi21)です。 毎年恒例、1年の間に買ってよかったものを紹介するコーナー! 201...
スポンサーリンク

iPhone11

2016年4月にiPhoneSEを買って以来、小さくて持ちやすい点を気に入って3年半ほど愛用していました。

ただ、さすがに処理のもたつきやバッテリーの消耗、モバイルSuicaを使えない不便さが気になり、新製品発表のタイミングで買い替えることに。

iPhone11 Proと迷ったのですが(特に望遠ズームの有無)、自分が使う用途と価格のバランスを判断して11にしてみました。

早速使ってみて、もうとにかく処理の速さに感動!

ネットやアプリがサクサク動いて、これまで感じていた読み込み時間等の細かいロスタイムが大幅に減りました。

(TaskChuteCloudの入力にもたつかなくなったのが特に嬉しい…!)

写真も綺麗に撮れるので、ブログに載せる写真も以前よりクオリティアップ(当社比)。

パンとエスプレッソと 表参道 原宿 フレンチトースト ムー 食パン イートイン テイクアウト カフェ アイスカフェモカ

(表参道「パンとエスプレッソと」のアイスカフェモカ)

何より、写真の加工がサクサクできて、ブログも格段にアップしやすくなったのが嬉しいポイント。

以前はブログに載せる写真を一眼レフで撮影後Lightroomで現像していたのですが、結構な手間がかかっていたため、現在はiPhoneでの撮影・加工に切り替えました。

スマホのように毎日欠かさず触るモノをいいものに変えると、それだけでQOLが爆上がりするなと改めて感じました…!

ドラム式洗濯乾燥機

以前から洗い終わった洗濯物を干す時間がもったいなく感じてて、どうにかできないかなーと思い切って購入。

寝る前にスイッチ入れておけば、朝起きた時にはふわふわに乾いて仕上がってることにもう感動…!

私はだいたい3日に1回洗濯機を回しているのですが、タスク管理ツール・TaskChuteCloudで計測していると洗濯物を干すのに毎回10分ぐらいかかっていました。

1カ月で10回としたら合わせて100分…。

1時間40分あったら下手すると原稿1枚描きあがる…。

そう思うとこういう家事にかかる10分ってバカにならないなーと実感しています。

もっと早く買えばよかった…!と思うぐらい、今となっては生活に欠かせないモノのひとつです。

食器洗い乾燥機

これももっと早く買えばよかった…!と思っているものの一つ。

食器を洗うのも毎日だと地味に手間ですし、冬場は手が荒れるのが個人的にツライんですよね…。

ちなみに上述のTaskChuteCloudで計測したところ、食器洗いには1日平均5分かかっていました。

1カ月30日とすると150分…。

洗濯の時間と合わせると毎月4時間以上費やしていることに。

もし1カ月4時間浮いたら、その時間で趣味や休息など有意義なことができるようになってありがたいですよね…!

今回食洗器を導入するにあたりプチ食洗と悩んだのですが、まな板を入れたりすると容量が足りないかなと思い、ファミリーサイズの食洗機を購入しました。

パナソニック 食器洗い乾燥機(ホワイト)【食洗機】 Panasonic NP-TA2-W

据え置きタイプだと大掛かりな工事をせずに使えるので、賃貸住みでも置けるのがありがたい…!

これもドラム式洗濯乾燥機と同じく、寝る前にセットしておけば朝起きた時には洗い終わっているのでとにかく便利。

洗浄力についても、油汚れなどもよほどひどいものでない限り、サッと洗い流してセットしておけば落ちるので助かっています。

(※明らかに落ちにくそうな汚れは一度手洗いで落としておくのがベターです)

食器洗い乾燥機って家族が多い家で使われているイメージをもっていましたが、仕事で忙しい単身者の方にも全力でオススメしたい時短家電の一つです…!

Apple Watch

周りの友人達が身につけているのを見て気になっていたApple Watch。

Apple payが使えることと、Auto Sleepというアプリを使って睡眠ログが取れることが決め手となって購入!

まだシリーズ5が出る前に購入したので、シリーズ4・GPSモデル・文字盤40mmタイプを使用しています。

Apple Watch購入時はまだiPhoneSEを使っていたので、Apple payのモバイルSuicaを使えるようになったのが個人的に一番画期的でした…!(iPhoneSE)

iPhone11に買い替えた後も、Apple WatchのApple payは愛用中。

Apple Watchをかざすだけで決済できるので、すぐにiPhoneを取り出せない時でも支払いを済ませられるのがめちゃくちゃ便利です。

睡眠ログも毎日自動的に取ってくれて、睡眠がちゃんととれているのか可視化できます。

AppleWatch Autosleep 睡眠ログ

睡眠バンクの預金をなるべく減らさないようにしているのですが、夜更かしした次の日などは見事に預金が減ってしまうので反省しています…。睡眠大事。

他にもiPhoneにかかってきた着信をAppleWatch単体で取って通話できたり、日々の活動量を可視化できるアクティビティ機能など、一度使うと手放せなくなる便利なガジェットです…!

Bose Noise Cancelling Headphones 700

原稿作業してる時、周りの音が気になって集中が途切れてしまうことがあり、ノイズキャンセリングヘッドホンがほしいと思っていました。

SONYかBOSEで迷っていたのですが、ちょうど新製品が発売するタイミング(2019年9月)でBOSEの最新機種を購入!

もともとBOSEのBluetoothイヤホンを愛用していて音質を気に入っていたことと、BOSEは基本的に値下げを行わないメーカーなので、中古の販売価格が落ちない=リセールバリュー(再販価値)が高いということが決め手でした。

(↑現在も愛用しているBOSEのBluetoothイヤホン。動いても落ちにくいのでランニング等にもオススメです)

電源を入れるとブォンという音が流れると同時に周りが一瞬にして静寂に包まれるのがとても心地よいです。

ノイズキャンセリングは10段階で設定できて、専用の「BOSE MUSIC」アプリで設定可能。

BOSE NC700 headphones BOSEMUSIC アプリ

ちなみに私は常に最大の10に設定しています。

周囲の雑音が気にならなくなって、目の前の作業に没頭してる時間が増えました!

イヤーパッドもふかふかでつけ心地◎。

集中したいけど周りの音が気になって集中できない…という方におすすめのヘッドホンです!

Nature Remo

2018年にAmazon Echoを買ったのですが、より便利に使うべく購入したのがこちら。

Wi-Fiに接続することで赤外線リモコンで操作してる家電を声で操作できるようになる、スマートリモコンです。

スマートリモコン自体はいくつか種類があるのですが、センサー機能が豊富(温度、湿度、照度、人感)なのと、AIスピーカー(Echo)や他の家電製品と連携しやすいのが決め手になりました。

我が家ではEchoをハブにしてエアコンと浴室の照明(Hue)を連携させているのですが、手が離せない時に喋って操作できるのがとにかく便利!

Alexaアプリで照度を設定しておけば、「アレクサ、電気をつけて」というだけで設定した明るさでHueをオンにできます。

以前は浴室の照明が結構明るめだったのですが、Hueにしてから少し暗めにしたことで落ち着いた雰囲気でリラックスできるようになりました。

また、出先でもアプリを使って操作できるので、エアコンをつけたまま出掛けた時もサッと消せて安心です。

さらに、スマホの位置情報と家電のオンオフを連動させることもできて、例えば仕事が終わって自宅の最寄駅に着いたらエアコンをオンにする…ということもできます。

これめっちゃすごくないですか…!!近未来!!

IFTTTやAPIも対応しているのでここで紹介した以外にも用途は無限大。

スマートスピーカーを持ってる方はもちろん、これから購入しようとしている方もぜひセットで買ってみてください。

そしてぜひこの近未来感を堪能してほしいです…!

Amazon Echo Dot (第3世代) アマゾン エコードット アレクサ ヘザーグレー スマートスピーカー 送料無料 【SK06866】

ちなみにNature Remoは今回紹介した通常版と廉価版であるminiの2種類があります。

miniは通常版よりも価格がお手頃でサイズは一回り小さく、センサーは温度センサーのみ搭載。その他の機能は通常版と同じです。

個人的には予算が許せばぜひ通常版をオススメしたいです…!

余談。Wi-Fi対応モデルだとルンバも出先で操作ができるんですが、我が家のルンバはWi-Fi非対応のためRemoでは操作できず…。

まだまだ使えるので引き続き使っていきますが、次買い替えるなら絶対Wi-Fi対応モデルにします…!

まとめ

2019年度、買って良かった家電・電化製品ということで6つのアイテムをピックアップしました。

今年は例年に比べて、QOLを上げることと家事の時間短縮に対して特に注力した一年でした。

価格帯はそれぞれ大きく異なっていますが、どれもQOLを大きく上げてくれて充実した時間をもたらしてくれます。

気になったものがあればぜひチェックしてみてくださいね!

これまでに紹介した「QOLを上げる買ってよかったもの」の記事はこちらからどうぞ!

2017年ももうすぐ終わりが近づいてきていますね。 今年はQOLを上げるために様々なモノを買って試しているので...
こんにちは、きの(@kinomegumi21)です。 2018年は私にとってフリーランス1年目の年であり、激動の一年でした。 ...
こんにちは、きの(@kinomegumi21)です。 2018年は私にとってフリーランス1年目の年であり、激動の一年でした。 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。